【脳】と【心】について

HOME > 最新のお知らせ > 【脳】と【心】について
 

理事長から皆様へのメッセージ

21世紀は「心」と「質」の時代である。心は脳でつくられている=五感に直結しているそのため「いい音楽を聴く」ことがとても大切だと感じております。
脳について最新の研究でわかってきたことがあります。【脳】は年齢に関係なく可塑性というものをもっていることがわかりました。
脳に新しい刺激を与えることで、脳の中に神経細胞同士の繋がりを増やすことができ、新しい細胞の回路ができます。

『私たちが提案するのは音楽を新しい環境と灯りの中で聴くということです。』

ポイント1 上質な演奏家と楽器の音色による音楽。
モーツァルトの音楽を聴くと頭からα波がでて神経を休ませる働きがあるそうです。

ポイント2 森林に囲まれた環境の良い場所。
木々に囲まれた場所にあるコンサートホール。森いう環境から生み出される、小川の音、小鳥のさえずり、風の音なども効果音となります。

ポイント3 白熱灯を使い暖かい光を演出、副交感神経を刺激し心を落ち着かせる。
目からはいってくる光は、各種の神経に作用し人間の体調に影響を与えます。ライトアップされる灯りは、マキストーブのような灯り、白熱灯に近い灯りが音楽と目に映る優しくやわらかな灯りが心を豊かにします。

『新しい体験となって脳の中でどんどん変化しいくことにより【脳】と【心】の活性化につながります。』

昨今の日本における問題の中には「心の病」ということも存在しております。
そういった問題なども含めて、少しでも貢献できるように地域の方とのコミュニケーションからこの環境からしかできない情報を伝えていきたいと願っております。

また、私たち特定非営利活動法人 心は灯と音と森の研究所は、灯(照明)と音(コンサート)と森(木)を通じて、人々の心の癒しを実践していきたいと考えております。

特定非営利活動法人 心は灯と音と森の研究所

特定非営利活動法人 心は灯と音と森の研究所

〒136-0071
東京都江東区亀戸4-30-7 エクレラージュ亀戸101号
TEL:080-4152-7662柄澤まで

メールでのお問い合わせ
Copyright© 2016 – ‘2018’ 特定非営利活動法人 心は灯と音と森の研究所 All Rights Reserved.